相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム

tax accountant

期間内に行う

Accountant

故人が借金を抱えてしまっている場合、自動的に子どもが相続する形となります。しかし、期間内であれば相続を放棄することも出来るので放棄を考えている人は事前に準備しておく必要があります。

Read More

相続を放棄する

Accountant

相続は放棄することも出来るのですが、何も考えず放棄してしまうと順位が決まっており何の報告もせずに放棄してしまうと子どもに迷惑がかかってしまいます。そのため、放棄する際は事前に知らせることが大事です。

Read More

税金を知っておく

Accountant

相続をする場合、税金が必要となってくるもので税金によってほとんど失われてしまいます。しかし、相続税の負担を抑える場合は生命保険に加入しておくことで少しでも抑えることが出来るといえるでしょう。

Read More

制度を活用する

修復の方法についてもアドバイスしてくれます。離婚の問題に関して具体的な意見を提案してくれるのがこちらです。

相続税が課し直されます

Accountant

大きな贈与をする場合、よく利用されるのが相続時精算課税制度です。2500万円も控除を受けられるので、よほど大きな金額の贈与をしない限り、贈与税は発生しません。ただし、注意点があります。それは相続税を課し直されることです。 この制度は、相続税を課し直すことを条件に、2500万円という大きな控除を認めています。加えて、25000万円の控除は、相続税の計算の際には受けられません。あくまでも、2500万円は贈与税の計算の際に使えるものなのです。 贈与税に関する制度ではありますが、相続税も大きく関わってくる制度です。適用を受ける際は、贈与の際のことのみならず、相続の際のことも考えておく必要があります。納税資金を忘れずに用意しておきましょう。

この制度がお得な理由

課税のし直し、2500万円の控除が受けられないとなれば、この制度の意味とは何なのでしょうか。実は、ちゃんと意味があります。 生前に行われた財産移転には相続税は課せません。なので、代わりに贈与税を課すことにしています。また、基本的に生前の財産移転はあまり認めたくないことから、贈与税の負担はより大きくなっています。 つまり、この制度を利用すれば、納税額が大きくなる贈与税の課税を回避できるということです。そういった意味で、この制度は早期に相続を認める制度であるとされます。 2500万円を超えて贈与税を課されることになっても、相続税から控除することができます。また、贈与税の方が大きくなった場合でも、大きくなった金額は還付を受けることができます。このため、この制度の利用で損をすることはありません。大きな金額の贈与をしたいのであれば、利用するのが得策であると言えます。

Copyright © 2015 相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム All Rights Reserved.