相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム

tax accountant

相続を放棄する

新たな相続人に連絡をしましょう

Accountant

放棄を行うかどうかは個人の自由です。ただ、他の人に影響を与えないわけではないので、その点は知っておく必要があります。 例えば、順位の変動です。配偶者を除くと、まず第一に相続人となるのは子です。子が放棄をした場合、その順位は移動していくことになります。2番目が両親、3番目が兄弟姉妹という感じです。 放棄する本人は、自分が相続人でなくなることを理解しています。しかし、他の人はどうでしょうか。子がいるのだから、その子が相続人となり、自分は関係がないと思っています。そんな中、急に相続人になったなんて言われたらどう思うでしょうか。 放棄をするのであれば、新たに相続人になる者には、事前に連絡をすべきです。それがマナーであると覚えておきましょう。

基礎控除額が減ることはありません

放棄が与える影響は、相続税の計算上でも見られます。ただし、一番大切な基礎控除額に影響を与えることはありません。 基礎控除額の計算式は、3000万円と600万円に相続人の数を乗じて計算した金額の合計額となります。放棄をすれば、相続人ではなくなります。となると、基礎控除額は減額してしまいそうです。ですが、実際にはそのようなことはありません。 放棄をすることで順位が変わり、相続人が増えるケースもあります。その場合、基礎控除額は逆に増えることになります。これを嫌い、計算上で使う相続人の数については、放棄をしていなかった場合の数としています。 一人減れば600万円も減少してしまいます。それによる負担増はかなりのものとなりますが、放棄しても減ったりしないので安心して下さい。

Copyright © 2015 相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム All Rights Reserved.