相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム

tax accountant

期間内に行う

相続放棄が増加しています

Accountant

相続放棄の件数が年々増えています。放棄するのにも理由はいろいろありますが、主な理由は借金の相続を回避することです。 借金を抱えて亡くなっていく人が増えているということですが、例えば次のようなケースが見られます。バブル経済が崩壊し、その後の不況で借金を負ったというケースがあります。他にも、株取引から借金を負うというケースもあります。株取引を個人が行うことが増えましたが、プロではないため失敗するケースも見られます。それに伴い借金を負ってしまうということです。 このような方々の相続が続く限り、相続放棄の件数は増え続けることが予想されます。相続放棄は、故人が亡くなってから3か月以内に行う必要があります。期間としてはとても短いものなので、早めに準備しておきましょう。

単純承認とみなされないように

相続放棄に関して期間の短さと共に注意しておきたいのが、単純承認とみなされるケースです。単純承認とは、放棄をせず、遺産すべてを相続することを承認することを言います。 放棄しようと考えていたのに、ある行動を取ったために、単純承認とみなされることがあります。例えば、預金口座を解約した場合です。解約し預金を下ろしたりすると、相続することを承認したとみなされます。不動産などの故人の遺産を売却してしまうという場合も、単純承認したものとみなされてしまいます。 一部でも手を付ければ単純承認したものとみなされてしまいます。大切なのは、故人の遺産がどれであるのかを把握しておくことです。故人が亡くなってからではバタバタするので、生前にチェックしておくようにしましょう。

Copyright © 2015 相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム All Rights Reserved.