相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム

tax accountant

税金を知っておく

減額となった相続税の基礎控除

Accountant

相続のことを考える際に気を配っておきたいのが、相続にかかる税金についてです。税制改正により、平成27年1月1日以降の相続については相続税にかかる基礎控除が縮小されました。これまでは、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数分の基礎控除がありましたが、平成27年以降は3,000万円+600万円×法定相続人の数分の基礎控除となりました。例えば、不動産を全く考慮せず夫婦と子供2人がいるケースを想定した場合、仮に現金5,000万円を保有する夫が亡くなればこれまでは相続税がかかりません(基礎控除8,000万円)でしたが、今年からは一部課税される(基礎控除4,800万円)ということになります。まずはこの基礎控除についてしっかりと抑えておくことがポイントです。

生命保険の非課税枠を利用する

上記のケースの場合、現金5,000万円から基礎控除4,800万円を引いた200万円が課税資産となるわけですが、これを非課税とする方法として生命保険に加入しておくという方法があります。 生命保険には500万円×法定相続人の数分の非課税枠があります。仮に現金5,000万円のうち1,500万円を生命保険として保有し、残額3,500万円を現金として保有していれば、生命保険1,500万円は全額非課税となり、保有する現金3,500万円も基礎控除4,800万円の範囲内に収まるため、結果的に総資産全額が非課税ということになります。このように生命保険の非課税枠を利用することによって、将来発生する可能性のある相続税の負担を軽減することができます。

Copyright © 2015 相続税の悩みを解決する|プロに相談ドットコム All Rights Reserved.